ここから本文です

東・西日本で猛暑 東京35℃予想

7/3(月) 6:19配信

ウェザーマップ

 きょう3日は、東日本の太平洋側や西日本で厳しい暑さが予想されている。35℃以上の猛暑日となるところもある見込みで、熱中症に特に注意が必要となる。

 梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、前線の南側にあたる東日本の太平洋側や西日本を中心に、きょう3日も蒸し暑くなりそうだ。関東や東海、近畿、中国、四国には、最高気温が概ね35℃以上になることが予想される場合に気象庁が発表する「高温注意情報」の出ているところもあり、熱中症に特に注意が必要となる。きょうは長時間の屋外での活動は避け、こまめに水分や塩分を摂るなど熱中症対策を心がけてほしい。部屋の中でも熱中症になるおそれがあるため、冷房を適切に使用するなど、室内温度にも気をつけたい。
 また、関東から西では日中は晴れる見込みだが、気温が高くなった日の午後は、局地的に雨雲が発達しやすくなる。天気の急変するおそれもあるため、落雷や突風にも注意が必要だ。

<予想最高気温>
 36℃ さいたま、熊谷、秩父
 35℃ 東京、前橋、名古屋、京都、鳥取など12地点