ここから本文です

『パイレーツ・オブ・カリビアン』動員ランキング初登場首位!『忍びの国』は2位

7/3(月) 15:00配信

ぴあ映画生活

7月1日、2日の全国映画動員ランキングは、ジョニー・デップが主演を務める人気シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(全国366館)が初登場で首位を飾った。

大野智主演の『忍びの国』(全国332館)は初登場2位。土屋太鳳が主演する『兄に愛されすぎて困ってます』(全国251館)は初登場3位に入り、TOP3が入れ替わった。

3週連続首位だった『22年目の告白-私が殺人犯です-』(全国329館)は4位。公開11週目の『美女と野獣』(全国365館)は5位につけている。

そのほか『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』(全国196館)が初登場7位。『劇場版 Free! -Timeless Medley- 約束』(全国59館)が初登場10位に入った。

次週は『ジョン・ウィック:チャプター2』『ヒトラーへの285枚の葉書』『ボンジュール、アン』『メアリと魔女の花』『ライフ』などが封切られる。

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)
1位『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
2位『忍びの国』
3位『兄に愛されすぎて困ってます』
4位『22年目の告白-私が殺人犯です-』
5位『美女と野獣』
6位『昼顔』
7位『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』
8位『こどもつかい』
9位『ハクソー・リッジ』
10位『劇場版 Free! -Timeless Medley- 約束』

最終更新:7/3(月) 15:00
ぴあ映画生活