ここから本文です

顔面アルヴェル化!?トヨタ、ヴォクシー/ノア/エスクァイアをマイナーチェンジ

7/3(月) 13:30配信

オートックワン

トヨタは、ヴォクシー/ノア/エスクァイアのミニバン3兄弟をマイナーチェンジし、ヴォクシーはネッツ店、ノアはトヨタカローラ店、エスクァイアはトヨタ店とトヨペット店を通じて7月3日に発売した。

>>オラオラMAX!新型 ヴォクシー/ノア/エスクァイアを写真で見る(画像69枚)

価格(消費税込)は、ヴォクシーとノア共に246万6720円~326万9160円、エスクァイアは267万5160円~335万8800円。

今回のマイナーチェンジでは、それぞれの個性をより際立たせたエクステリアへと意匠変更。Bi-Beam LEDヘッドランプと面発光のLEDクリアランスランプの採用や、フロントグリルとリアコンビネーションランプの意匠変更などにより、ヴォクシーはスポーティさを、ノアは精悍さを、エスクァイアは高級感をより高めた堂々としたスタイルへと進化した。

また、センターコンソールボックスや助手席シートバックテーブル、充電用USB端子など使い勝手の良い室内装備を充実。さらに、スライドドアにシールを追加し遮音性が向上したほか、ボディ剛性の見直しやショックアブソーバーの改良により静粛性や乗り心地を向上させるなど、商品の魅力を一段と高めた。

そのほか、エスクァイアには専用のシート表皮や加飾など、内装の上質感にこだわった最上級パッケージのGi”Premium Package”を新設定した。

また、ベース車のパッケージオプションとして、乗降時にセカンドシートが回転し前傾する“ サイドリフトアップチルトシート装着車”をヴォクシー「X」、ノア「X」、エスクァイア「Xi」に設定し、10月に発売を予定している。

◆ヴォクシー・ノア

<エクステリア>

▽Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)と面発光のLEDクリアランスランプを採用し、先進性と精悍さを付与。ヴォクシーにおいては2段階積みのヘッドランプをよりシャープな印象にすることで、カッコよさを強調。ノアにおいては艶やかで大きな面を感じさせるフロントグリルにより、モダンで精悍な印象を付与

▽リアコンビネーションランプとバックドアガーニッシュは、ワイド感を表現する新意匠を採用

▽エアロ仕様のヴォクシー「ZS」とノア「Si」においては、ハの字をテーマにしたスタイルとし、スポーティでアグレッシブなイメージを強化。また、切削光輝加工にダークグレーメタリック塗装を施した専用の16インチアルミホイールを設定

▽外板色は、ヴォクシーには新色のイナズマスパーキングブラックガラスフレークを、ノアには新色のラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークを含む全7色をそれぞれ設定


<インテリア>

▽天井までブラックで統一した室内にピアノブラック塗装をあしらい、質感を向上

▽オプティトロンメーターは丸型リングを採用し、リング幅を細くすることでシャープな印象を付与

▽専用内装色として、ヴォクシー「ZS」には大人のスポーティ空間を演出するブラッドオレンジ&ブラックを、ノア「G」にはモダンで上質な空間を演出するフロマージュ&ブラウンをそれぞれ設定

1/2ページ

最終更新:7/3(月) 13:45
オートックワン