ここから本文です

白浪五人男に拍手 小鹿野であじさい祭り、子ども歌舞伎が堂々熱演

7/3(月) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉県小鹿野町下小鹿野の小鹿神社で2日、「第12回小鹿野あじさい祭り」(あじさい公園記念植樹会主催)が行われ、アジサイが咲き誇る会場で、地元の小鹿野子ども歌舞伎が「白浪五人男」を熱演したほか、恒例のザリガニ釣り大会やコンサート、丸太いす作りなどでにぎわいを見せた。

 「紫陽花(あじさい)神社」の名で親しまれる同神社。地元住民たちが13年前からさまざまなアジサイの植樹を始め、これまでに約4500株が植えられている。今年は昨年末に同神社付近を整備中に、新たに発見した猿やおかめに似た岩もお披露目された。

 小鹿野子ども歌舞伎は午前と午後に白浪五人男を2回上演。厳しい暑さの中で、小学1年生から中学2年生までの10人の子どもたちは、練習の成果を存分に発揮した。堂々とした立ち居振る舞いを披露し、集まった大勢の見物客からは盛大な拍手が送られた。

 中学2年生の猪野大我君(13)は「すごく暑かったけど、最後までちゃんとできて良かった」と笑顔で話していた。

最終更新:7/3(月) 10:30
埼玉新聞