ここから本文です

氷見市で新たな大雨被害 市内3か所通行止め/富山

7/3(月) 14:08配信

チューリップテレビ

 1日、観測史上最大の大雨に見舞われた氷見市で、あらたな被害が見つかりました。
 2日夜の雨の影響で土砂崩れなどが発生し、市内3か所が通行止めとなっています。

 氷見市仏生寺の市道では、2日夜降った雨の影響で土砂崩れが発生。
 のり面から崩落した大木と土砂が幅およそ5メートルの道路をふさぎ、現在も通行止めとなっています。
 また、1日民家9棟の浸水被害が出た氷見市大浦では、2日夜の雨で再び川が氾濫し、市道が通行止めに。
 水は道路を越えて反対側の田んぼに流れ込みました。
 大浦では、ほかにも道路の冠水により市道1か所が通行止めとなっています。
 県内は4日にかけて1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
 4日朝6時までに予想される24時間降水量は、多い所で、東部で200ミリ西部で150ミリの見込みです。
 富山地方気象台は、引き続き、土砂災害や河川の氾濫への注意を呼びかけています。

チューリップテレビ