ここから本文です

ホークス・モイネロ、 来日3戦目にわずか4球で初勝利 同僚驚き「心臓強い」

7/3(月) 9:59配信

西日本スポーツ

◆楽天4―5ソフトバンク(2日・Koboパーク宮城)

 4球で勝利の女神を振り向かせた。2点を追う7回2死三塁。モイネロは楽天の“恐怖の2番”ペゲーロと向き合った。直球の後に変化球を2球続けて追い込むと、甲斐のサインに小さく首を振った。「スライダーやカーブを待っていそうだった」。あらためてサイン交換し、外角低めに146キロ。ピクリともさせず見逃し三振に切って取った。

【写真】川崎に声を掛けられ笑顔を見せるモイネロ

 直後の攻撃で味方が逆転し、来日3試合目で初勝利だ。左腕は「素直にうれしい」とウイニングボールを手に白い歯をこぼした。5点リードの5回に登板した1日は味方のエラーも重なり1/3回を無安打ながら3失点(自責点0)。「昨日も投げたから球場の雰囲気には慣れていた。自分の仕事に集中した」。一夜で見事に切り替え、ひょうひょうとした表情を見せた。

「野球で緊張したことはほとんどない」

 育成選手としてホークス入りし、キューバから5月末に来日。ファームでは圧倒的な投球を披露し、交流戦中に支配下選手登録された。それも「これまで、野球で緊張したことはほとんどない」という精神力があってこそだ。

 来日初登板は6月27日の日本ハム戦。ニッコリと笑って本拠地のマウンドへ向かう姿に、同僚たちが「心臓が強い」と驚いた。3月のWBCにはデスパイネとともにキューバ代表として出場。そのデスパイネのように「日本で活躍して成功したい」という固い決心が支えになっている。

日々の活力の源は…

 日々の活力の源はペッパーソース。遠征先の宿舎では備え付けのペッパーソースを何にでもかけて食べるなど、文化の違いから生じるストレスをなるべく減らそうと努力している。「良かったよ。本当はもう1イニング行かせたいぐらい。左腕だし(継投の)幅が広がる」。そう話す工藤監督にとってもストレス軽減の武器となりそうだ。

 試合後、兄貴分のデスパイネから「おめでとう、これからも頑張って」と祝福の言葉をもらった。育成選手で入団した外国人としても球団初の勝利。「これからもチームの勝利に貢献したい」と誓う左腕が、ブルペンの貴重なワンピースとしてフル回転する。 

=2017/07/03付 西日本スポーツ=

西日本スポーツ

最終更新:7/3(月) 11:26
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(月) 0:50