ここから本文です

五郎丸、ヤマハ発動機復帰会見。「戻るならヤマハ。ここで骨を埋める」

7/3(月) 16:01配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 ヤマハ発動機ジュビロへ2季ぶりの復帰が決まった五郎丸歩(31歳)の記者会見が、7月3日、ヤマハスタジアムでおこなわれた。同席したジュビロの鈴木正典代表によれば、7月1日よりプロ選手として契約を結んだという。

正式発表! 五郎丸歩が7月1日からヤマハ発動機に復帰。再び日本で勇姿を。

「ヤマハを離れた時から日本に戻るならヤマハだと思っていました。選手として成長させてくれた地に戻ってきたのはうれしいですし、ここでラグビー人生を終えるつもりで復帰しました」

 五郎丸は2016年2月からオーストラリアのレッズに期限付き移籍。その後、フランスリーグTOP14の強豪、RCトゥーロンへ完全移籍した。ただ、世界のスター軍団が集まるチームで出番に恵まれず、契約は1年で終えた。

「悔いはないです。各国の代表選手が集まるチームにいて、ラグビーに対する姿勢、コントロールする日々を見て、まだまだだな、と。行かないと分からないこともある」

 6月26日の夜に帰国。先週はチームがオフだったので、磐田市の大久保グラウンドで個人練習に汗を流した。トップリーグ開幕まで1か月強だが、標準に合わせられる手応えはある。

「(トゥーロンで)出場機会が少なかったので、パフォーマンスを維持するのは正直難しかった。今はもう一度、作り直す必要があります。試合に出場しないとパフォーマンスは上がらない。でも1か月あるので、やれると思います。キックの状態も悪くなかった。うずうずしている方が大きい」

 記者会見の冒頭で鈴木代表は「世界での経験を若い選手たちに伝えてほしい。トップリーグの初タイトル獲得、そして、2019年に静岡でも開催されるワールドカップに向けて、日本代表に復帰してほしい」と話した。

「まずは自分の最高のパフォーマンスを出して、トップリーグ優勝に貢献すること。まだ日本代表やサンウルブズに関して言える立場にないので、ふさわしい選手になれるように頑張るだけです」

 現在の小中学生たちに大きな影響を与え、ラグビーを始めるきっかけになった五郎丸。2季ぶりの復帰で、トップリーグの会場が再び熱を帯びることにも期待大。本人は、トゥーロンのチームメイトだったマット・ギタウ(サントリー)、ジュアン・スミス(トヨタ自動車)との対戦を楽しみにしている。

(取材:福田達)