ここから本文です

ジョコビッチ苦しめた21歳メドヴェデフとは<男子テニス>

7/3(月) 11:06配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)男子シングルスに出場する世界ランク49位のD・メドヴェデフ(ロシア)は2日、tennis365.netの独占インタビューに応じた。

【錦織vsチェッキナート 1ポイント速報】

現在21歳のメドヴェデフは、今年1月のエアセル・チェンナイオープン(インド/チェンナイ、ハード、ATP250)でツアー初の決勝進出を果たした。

しかし、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)以降は怪我や体調不良などに苦しみ、クレーシーズンでは4大会連続の初戦敗退を喫し「クレーシーズンは最悪だった。インディアンウェルズから1試合も勝てず、いいシーズンを過ごせなかった」と振り返った。

それから得意の芝のシーズンに入ると成績を残し始め、前哨戦のAEGON国際(イギリス/イーストボーン、芝、ATP250)でベスト4へ進出。準決勝ではN・ジョコビッチ(セルビア)と互角に打ち合い、ウィンブルドンへ弾みをつけた。

「1番好きな芝のシーズンになってから気持ちが切り替わった」

さらに3日に発表された世界ランキングで自己最高の49位へ浮上。ネクスト・ジェネレーション ATPファイナルズ(イタリア/ミラン、室内ハード)「RACE TO MILAN」(21歳以下最終戦出場ランキング)では出場圏内の4位に位置している。

ウィンブルドンの1回戦で第5シードのS・ワウリンカ(スイス)に挑戦するメドヴェデフは「今のテニスの状態が良い。得意の芝だから楽しみ」と意気込みを見せた。

メドヴェデフとワウリンカの1回戦は、3日のセンターコート第3試合に組まれている。

tennis365.net

最終更新:7/3(月) 11:06
tennis365.net