ここから本文です

「都民ファースト」は本当に圧倒的に支持されたのか?「マシ」だから投票した人に聞く

7/3(月) 7:10配信

BuzzFeed Japan

7月2日に投開票された東京都議選で、大躍進した「都民ファーストの会」。だが、投票した人からは「他に入れたいところがなかったから」という声も聞こえてくる。「圧倒的な支持」は本当にあったのだろうか。【BuzzFeed Japan】

【勝手に決定】この候補者のサイトがすごい都議選2017


都民ファーストは都議会127議席のうち49議席を獲得し、公明党など小池百合子知事の支持勢力で過半数の圧勝をおさめた。

その勝因は、小池人気にあやかったとも、自民党の自爆の結果とも分析されている。投票率は51.27%で、前回の43.50%を大幅に上回った。

Google検索が急増

Googleで検索された言葉、つまり世の中で注目された言葉をチェックできる「Googleトレンド」によると、開票が始まり、圧勝が報じられた直後の午後8時すぎに「都民ファースト」の検索回数が跳ね上がった。党の公式サイトは一時、つながりにくくなった。どんな党なのか知らずに投票し、慌てて調べた人もいるのかもしれない。

都民ファーストのことが嫌いでも...

都民ファーストに「入れざるをえなかった」というのは、生後7カ月の息子がいる会社員の女性(32)だ。

4月に育児休業からの復職を予定していたが、長男はこの春、「保育園落ちた」。昨年、小池知事が発表した待機児童の緊急対策の実現に望みをかける。つまり、小池知事のことは支持している。

その小池知事が立ち上げ、代表をつとめる都民ファースト。

住んでいる目黒区では、元民主党の都議だった候補が、都民ファーストに鞍替えして立候補していた。駅前で街頭演説を見かけ「節操がない」「なんだかこの党は好きになれない」とあまりいい印象を持たなかった。だが、背に腹は代えられない。

「小池知事支持の公明党と迷いましたが、都民ファーストの候補が子育て真っ最中の世代だったのが決め手でした。それだけです。完全に消去法の投票でした」

寄せ集め感はあるけれど

いきなり現れた党だけど、掲げている公約は都民の生活に密着していてわかりやすい。

企業幹部で、がんサバイバーでもある練馬区の40代女性も、都民ファーストの候補に投票した。党を支持したからではない。受動喫煙対策の条例案の実現を、公約に掲げていたからだ。

「受動喫煙対策はどの党も公約としてあげていますが、都民ファは働く人や子どもに着目した案を出し、誰のための条例かが明快。実現が早いのではないかという期待を込めました」

そのうえで、注文をつける。

「確かに“寄せ集めメンバー感”は否めないものの、これまでのルールをゼロベースで考えようというスタンスには共感します。企業では男性社会のルールに女性と若者が立ち向かっていくという動きが起こりつつありますが、都議会でも自民党が作ってきたルールに対して同じ流れが生まれてほしい」

1/2ページ

最終更新:7/3(月) 10:02
BuzzFeed Japan