ここから本文です

台風3号 4日朝にも九州上陸へ 広範囲で大雨に警戒

7/3(月) 23:10配信

ウェザーマップ

 台風3号は東シナ海を北上していて、4日朝にも長崎県周辺に上陸するとみられる。その後は東へ進み、夜には東日本へと達する見込みだ。梅雨前線も本州付近に停滞するため、5日の午前中にかけて九州から東北の広い範囲で大雨に警戒が必要となる。

 台風3号は4日午前1時時点で、屋久島の西およそ320キロの海上を北上していて、4日朝9時前後に長崎県周辺に上陸する可能性が高くなっている。その後は東へ進み、昼過ぎには中国・四国地方、夕方には近畿、夜には東海、その後5日未明に関東地方に最も接近するとみられる。

【大雨】

 本州付近には梅雨前線が停滞していて、台風がもたらす暖かく湿った空気で活動が活発になるため、台風から離れた地域でも大雨となるおそれがある。ここ数日の雨で地盤が緩んでいる地域もあり、土砂災害には厳重な警戒が必要だ。局地的には雷を伴った猛烈な雨となるおそれもあるため、河川の増水や低地の浸水、落雷・突風などにも警戒する必要がある。

 [4日に予想される雨量]
 四国        300ミリ
 北陸        250ミリ
 近畿・九州北部   200ミリ
 九州南部・関東甲信 150ミリ
 東海        120ミリ
 中国・東北     100ミリ

 [5日に予想される雨量]
 北陸        100~150ミリ
 中国・近畿・関東甲信 50~100ミリ

【暴風・高波】

 九州に近づく4日朝までには暴風域は無くなっているとみられるが、西日本を中心に暴風や高波に警戒が必要となる。4日に予想される最大瞬間風速は、九州・四国・近畿で35メートル、東海で30メートル、波の高さは九州・四国で6メートルとなっている。

Yahoo!ニュースからのお知らせ