ここから本文です

鉄道係員への暴力、2016年度は712件 加害者の62%が「飲酒あり」

7/3(月) 16:46配信

乗りものニュース

深夜、週末に多く

 日本民営鉄道協会とJR各社を含む鉄道事業者18社局は2017年7月3日(月)、駅係員や乗務員など鉄道係員に対する暴力行為の2016年度集計結果を発表しました。

 対象の事業者は大手民鉄16社(東武鉄道、西武鉄道、京成電鉄、京王電鉄、小田急電鉄、東急電鉄、京急電鉄、東京メトロ、相模鉄道、名鉄、近鉄、南海電鉄、京阪電鉄、阪急電鉄、阪神電鉄、西日本鉄道)とJR旅客6社、札幌市交通局、東京都交通局、横浜市交通局、名古屋市交通局、大阪市交通局、福岡市交通局、東京モノレール、ゆりかもめ、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)、北総鉄道、横浜シーサイドライン、愛知環状鉄道の計34社局です。

 2016年度の1年間における暴力行為の発生件数は34社局で712件でした。前年度の札幌市交通局を含まない33社局の792件と比べ、80件の減少です。

 月別にみると、9月が最も少なく49件、12月が最も多く70件でした。曜日別にみると、火曜が最も少なく82件で、日曜が最も多く118件。ただし木曜と金曜も多く、ともに117件でした。時間帯別では、午前5時から9時までの時間帯が最も少なく66件で、時間帯が遅くなるにつれて増えていき、22時から翌午前5時までの時間帯が最多の260件です。

 加害者の年齢は20代以下が100件(14.0%)、30代が139件(19.5%)、40代が138件(19.4%)、50代が134件(18.8%)、60代以上が152件(21.3%)で、不明は49件(6.9%)という結果に。加害者が飲酒をしていたケースは440件で、全体の62%を占めていました。

 日本民営鉄道協会および鉄道事業者18社局は、警察庁と国土交通省からの後援を受け、鉄道係員への暴力行為や利用者同士のトラブルに対し防止を呼び掛けるものとして、暴力行為防止ポスター「見逃しません!その暴力、犯罪です!」を作成。7月7日(金)から、駅構内や列車内に計約6万8000枚を掲出します。期間は9月6日(水)までのおよそ2か月間の予定です。

乗りものニュース編集部