ここから本文です

60周年の限定車「マセラティ グラントゥーリズモ/グランカブリオ60th Anniversary Edition」を発表

7/3(月) 16:39配信

オートックワン

マセラティ ジャパンは、1957年のマセラティ3500GTの発表から60周年を記念した、「マセラティグラントゥーリズモ/グランカブリオ60th Anniversary Edition」を各5台、合計10台限定で発売する。

マセラティ60th Anniversary Editionのフォトギャラリー

価格(消費税込)は、グラントゥーリズモが2017万円、グランカブリオが2097万円で、デリバリー開始は2017年8月以降を予定している。

マセラティ初の量産車であり、美しいスタイリングを纏うラグジュアリーGTカーとして、1957年に3500GTがデビューしてから60年の節目となるのを祝福し登場する本モデルは、フェラーリ製のNA4.7リットルのV8エンジンを搭載。外装色は特別なボディーカラーである「ブルー・インキオストロ」で、フロントのマセラティトライデントにはボディーカラーに合わせた限定のブルー・アクセントを用意。ブレーキ・キャリパーもブルーで統一している。

さらにMCストラダーレと同様のアルミニウム製エンジンフードおよびエア・インテーク、カーボンファイバー製リヤスポイラーを装備。インテリアは、グラントゥーリズモにはブルーステッチを施したブラックレザー、グランカブリオにはグリジオ・クロノのステッチを合わせたビアンコレザーが装備され、美しいコントラストを提供している。この他にも、カーボン・レザーステアリングやカーボンのインテリアトリム、ロゴ入りカーボン・サイドシルなどが装備されている。

■4.7リットルNAV型8気筒エンジン

本モデルに搭載されるフェラーリ製の4.7リッターV8エンジンは、7000rpmで460ps、520Nmの高トルクを発生させ、わずか4.8秒で100km/hに到達。最高速度は298km/h(グラントゥーリズモ:参考値)に到達する。エンジンは、5つの操作モード(オートノーマル、オートスポーツ、マニュアルノーマル、マニュアルスポーツ、アイス)を選択できる6速トランスミッションを採用している。

1/2ページ

最終更新:7/3(月) 16:39
オートックワン