ここから本文です

「鯉パイ」や「鯉どら」菓子人気 郡山商高生がイベントで販売

7/3(月) 10:54配信

福島民友新聞

 郡山市大町商店街振興組合は2日、同市の大町商店街で、恒例の街中イベント「おおまち笑・Show・商」を開いた。今月は「信」をテーマに多彩なイベントが催され、大勢の市民でにぎわった。
 食品ブースでは、郡山商高の生徒が同市のコイを使って開発した菓子など5品を販売した。コイの粉末が入った「鯉パイ」やコイの焼き印を付けたどら焼き「鯉どら」などが並んだ。また、大町の有志で作った「特製炭火焼おおまち豚丼」も人気を集めた。
 「はみ出せ!青春!」と銘打ったステージでは、安積、郡山、郡山商、尚志など6高校の応援団によるエール交換や、チアリーダーによる華麗な演舞が繰り広げられ、会場を盛り上げた。
 同イベントは「シン」を年間テーマに掲げ、11月まで毎月第1日曜日に開いている。

福島民友新聞

最終更新:7/3(月) 10:54
福島民友新聞