ここから本文です

インテル、ディ・マリア獲得へ60億円用意か

7/3(月) 15:14配信

theWORLD(ザ・ワールド)

UEL出場権も逃したインテル

`16-`17シーズンで7位に終わったインテルが、復活に向けて大物ドリブラーの獲得に乗り出すかもしれない。

インテルは現在、UEFAチャンピオンズリーグを含む3冠を達成した時代とは程遠く、優勝争いどころかUEFAヨーロッパリーグの出場権さえ獲得できていない。輝かしい時代へ戻るために今夏インテルが目をつけたのは、パリ・サンジェルマンに所属するアンヘル・ディ・マリアだと伊『Tuttosport』が報じている。同紙によると、交渉は正式発表されていないが、近日中に行なわれるのではないかと見ている。

また英『THE Sun』によると、移籍金は最大で4300万ポンド(約60億円)をインテル側は用意しているという。インテルはチームの象徴であるマウロ・イカルディのサポートができると考えているようだ。そして同紙は、パリが獲得を検討しているレアル・マドリードのハメス・ロドリゲスの招聘に成功した場合、ディ・マリアが売り出される可能性があると見ている。

UCLやUELの出場権を持たない今のインテルに、わざわざUCL出場権を保有するチームから移籍することは考えにくい。しかし、ハメスの移籍などに伴い状況が変わることもあるだろう。果たしてディ・マリアのイタリア行きはあり得るのだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合