ここから本文です

尾瀬国立公園「燧ケ岳」山開き 東北以北最高峰からの景観満喫

7/3(月) 14:08配信

福島民友新聞

 国立公園として独立10周年の節目を迎えた尾瀬国立公園の燧ケ岳(2356メートル)で2日、山開きが行われ、県内外から訪れた登山者が東北以北で最高峰の豊かな自然を満喫した。
 檜枝岐村の御池登山口でお神酒と赤飯の振る舞いを受けた登山者は、午前6時ごろから次々に入山。6合目付近に差し掛かると、高層湿原の熊沢田代に到着した。池塘(ちとう)と呼ばれる小さな沼や池が点在し、登山者は清らかな水をたたえた美しい景観に感嘆の声を上げた。
 山頂付近の俎板岩(まないたぐら)では、雨と霧のため360度の大パノラマは望めなかったが、登山者は記念撮影をするなどして達成感に浸っていた。

福島民友新聞

最終更新:7/3(月) 14:08
福島民友新聞