ここから本文です

都民ファーストの会代表を退く意向

7/3(月) 15:28配信

ホウドウキョク

都議会議員選挙は、小池知事が代表を務める都民ファーストの会が、55議席を獲得して圧勝し、公明党などを加えた小池知事を支持する勢力は、過半数を大きく上回った。
自民党は、選挙前の議席から半分以上減らして、23議席と大敗した。
小池知事は3日午前から会見し、都民ファーストの会代表を退く意向を示した。
小池知事は、「今回、都民の皆さんが古い議会を新しくということの期待を受けて、第1党に上り詰めることができた。これから4年間の議会、都民の皆さんの代表としての責任をしっかり背負って、そして、いい都政をお互いに作れるような、そういう努力をしていきたいと思っております」などと述べた。
小池知事は、都民ファーストの会が第1党の役目をしっかり果たし、議会を引っ張っていきたいと述べるとともに、都民の利益を第1に考え、東京オリンピック・パラリンピックの成功に向け取り組んでいきたいと強調した。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/3(月) 15:28
ホウドウキョク