ここから本文です

民進・藤末政調会長代理が離党届

7/3(月) 19:17配信

ホウドウキョク

憲法改正をめぐる党執行部の方針に反発。
民進党の藤末政調会長代理は「私が13年間、本当にお世話になった民進党を離れる理由は、ひとえに1人の国会議員として、国のため、国民の皆様のために、新しい仲間と志を共にし、政策を共にし働くことに尽きる」と述べた。
民進党の藤末政調会長代理は3日、記者会見し、憲法改正をめぐる党の方針との違いなどを理由に、2日夜に離党届を提出したことを明らかにした。
藤末氏は、憲法改正をめぐる民進党の対応について、「党内の議論は深まっていない」と指摘したうえで、「議論を行うべきだと提言したが、納得のいく回答は得ていない」と説明した。
藤末氏は、東京都の小池知事が率いる「都民ファーストの会」との連携については、「『都民ファースト』と合流するために離党するわけではない」と否定した。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/3(月) 18:17
ホウドウキョク