ここから本文です

ナッシュHC退団の富山、ウィラードら外国籍選手3名が自由交渉選手リストへ

7/3(月) 16:20配信

バスケットボールキング

 富山グラウジーズは7月3日、サム・ウィラード、ドリュー・ヴァイニー、デクスター・ピットマンを自由交渉選手リストへ公示。クラブは引き続き交渉を行うと発表した。

 28歳のウィラードは206センチ102キロのセンターフォワード。パシフィック大学を卒業した2011年にラトビアのリーグでプロキャリアをスタートさせ、2012年に仙台89ERSへ入団。2013年に富山へ移籍すると、在籍4シーズン目の昨季は、レギュラーシーズンで先発54試合を含む全60試合に出場し、727得点(1試合平均12.1得点)578リバウンド(同9.6リバウンド)をマークした。

 フォワードのヴァイニーは204センチ100キロの28歳で、ロヨラ・メリーマウント大学出身。フランスやスペインのリーグなどでプレーし、2015年に富山へ加入した。在籍2シーズン目の昨季は負傷で22試合を欠場したが、レギュラーシーズン計38試合で479得点(同12.6得点)を挙げた。

 211センチ128キロの体格でセンターを務めるピットマンは、テキサス大学出身の29歳。2010年のNBAドラフト全体32位指名でマイアミ・ヒートへ入団し、レブロン・ジェームズらとともに優勝を経験した。その後はNBADリーグ(現NBAゲータレードリーグ)などでプレーし、2016年12月に富山へ加入。レギュラーシーズン35試合に出場し453得点(同12.9得点)274リバウンド(同7.8リバウンド)を記録した。

 なお、富山は同日、ボブ・ナッシュHCが契約満了に伴い退団することを発表。3日時点で、宇都直輝、水戸健史、小原翼、田中健介、宮永雄太、元千葉ジェッツの上江田勇樹、元サンロッカーズ渋谷の大塚裕土との契約合意を済ませている。

BASKETBALL KING