ここから本文です

ぶらり♪:みなとみらい「伝統横濱スカーフMarca」 横浜絵コースター

7/3(月) 20:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 「帆船」「汽車」「商館」など、横浜開港当時の浮世絵を図柄にした全5種類のコースター(各324円)。10センチ四方の布に、伝統の手捺染(なっせん)技術が生かされている。

 製造する丸加(横浜市南区)は1952年創業。ハンカチやスカーフの染色を手掛けていたが、89年の横浜博覧会に合わせ、横浜らしい特色のある商品を作ろうと企画。手ごろな価格で土産や自家用に広く使われ、四半世紀以上続くロングセラーとなった。

 同社が製造する横浜捺染のスカーフは、デザイン、製版、捺染、仕上げといった多くの工程を緻密な手作業が支えている。同社取締役第2事業部長の遠藤洋平さん(37)は「小さくてもスカーフと同じ製法で作っている。横浜捺染の伝統と技術を感じてほしい」と話す。 (原 隆介)
 
☆横浜市西区みなとみらい2の2の1の2、ランドマークプラザ5階。みなとみらい線みなとみらい駅徒歩5分。午前11時~午後8時。無休。電話045(222)5370。