ここから本文です

ギャラクシーノート7の未開封製品が「ギャラクシーノートFE」として市場に

7/3(月) 17:08配信

ハンギョレ新聞

サムスン電子「未開封製品のバッテリー3200mAhに変更 未使用部品を活用し新たに作った製品など40万台を7日発売」 「生産中断にともなう資源浪費を最小化」… 出庫価格は69万9600ウォン

 バッテリーの異常発火にともなう生産中断で、市場に出ないまま倉庫に積まれていた「ギャラクシーノート7」の未開封製品が7日、「ギャラクシーノート・ ファンエディション(FE)」という名前で市場に出てくる。初めて生産中断されたスマートフォンという悲運の記録を持っているギャラクシーノート7の復活というストーリーがあるうえに、限定版で相対的に価格も安いため買い求める人が多いと見られる。

 サムスン電子は7日からスマートフォン「ギャラクシーノートFE」を40万台限定で移動通信社を通じて販売すると2日明らかにした。この製品は、生産中断事態で倉庫に積まれていたギャラクシーノート7のバッテリーを3200mAhに変えたり、ギャラクシーノート7用に納品された部品のうち使用できなかった物量を使って追加製作したスマートフォンだ。大画面、紅彩認識、サムスンパス、Sペンなどギャラクシーノート7のデザインと機能を維持し、Bixby(音声AIアシスタント)などギャラクシーS8に初めて適用された最新技術も搭載した。

 サムスン電子は「ギャラクシーノート7の生産中断にともなう資源浪費を最小化する趣旨で、ギャラクシーノートFEを準備した。韓国国内には正確に40万台限定で供給することにした。国外での発売は未定」と明らかにした。ギャラクシーノートFEは、ブラックオニキス・ブルーコーラル・ゴールドプラチナム・シルバーチタニウムの4色で発売され、出庫価格は69万9600ウォン(約6万9千円)。ある携帯販売代理店の代表は「ギャラクシーノートFEは、悲運のギャラクシーノート7を復活させたものであることに加え、限定版であるため、収集用としても価値があり、価格も安いので多くの消費者が求めると見られる」と話した。

 一方サムスン電子は、消費者の手に渡ったが、生産中断にともなう交換・返金プログラムで回収されたギャラクシーノート7の処理方案については、「きれいなものは貸し出し用フォンとして供給し、壊れたものは分解し資源としてリサイクルすることにした。別途の製品として発売する計画はない」と明らかにした。

キム・ジェソプ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:7/3(月) 17:08
ハンギョレ新聞