ここから本文です

ノムさん、楽天の投手継投に「一手も二手も遅い」

7/3(月) 0:40配信

ベースボールキング

 2日に放送された『S☆1』(TBS系)に野村克也氏がVTR出演し、同日に行われた楽天-ソフトバンク戦を解説した。

 1勝1敗で迎えた首位攻防第3Rは、楽天が初回にウィーラー、銀次のタイムリーヒットで2点を先制する。先発・岸孝之は2回に松田宣浩に一発を浴びたが、ソフトバンク打線を7回まで1失点に抑えた。

 しかし2点リードで迎えた8回、一死後、川崎に二塁打、今宮に四球を浴び一、二塁とされる。野村氏は先発の岸に対し「疲れがでている。ストレートかスライダーか分からないけど、(ボールが)抜けているもんね」と話すと、その不安が的中し続く柳田悠岐にタイムリーを浴びる。

 ここで岸は降板し、8回途中から守護神・松井裕樹がマウンドへ。デスパイネを三ゴロに打ち取ったかに思われたが、サードのウィーラーがエラー。満塁とピンチは広がり、松田、中村晃の連続タイムリーを打たれ逆転を許した。

 野村氏は「すべてが悪循環ですよ。一手も二手も遅い。8回の頭から交代だよ」と継投策に納得がいかなかったようだ。楽天はその裏、ウィーラーの一発で1点差に迫るも、あと1点が遠く4-5で敗れた。

 それでも野村氏は「本当にここにはお世話になりましたけど、我が家のような気がしますね。これから大変な試合が続くと思いますけど、また仙台に呼んでください。優勝したら必ず来ますから」と話した。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 21:30