ここから本文です

クビカがグッドウッドでF1マシンをドライブ。「こんな気分は久しぶり!」

7/3(月) 17:16配信

オートスポーツweb

 ロバート・クビカが毎年恒例のモータースポーツイベント、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに登場、ルノーカラーに塗られたロータスE20をドライブした。

ロバート・クビカ、グッドウッドで久々にF1ドライバーとしての姿を披露

 2011年のシーズン前にラリーでクラッシュして重傷を負ったクビカは、それ以来F1から遠ざかっていたが、今年6月上旬、ルノーF1のテストに参加、約6年ぶりにF1マシンでの走行を行った。この際、ドライブしたのが、2012年ロータスE20を現在のルノーカラーに塗り替えたマシンだった。

 この時は非公開のプライベートテストだったが、グッドウッドの週末、クビカは大勢のファンの前でF1マシンに乗る姿を披露した。

「最高の気分だった」と走行後にクビカが語ったとSky Sportsが伝えた。
「この数年間で一番素晴らしい気分を味わったといってもいいほどだ」

「格別の経験だった。フェスティバル・オブ・スピードに参加できてとてもうれしい」

「素晴らしいイベントを心から楽しんだよ。ファンも僕と同じぐらいエンジョイしてくれたのだといいな」

 クビカは6月のテストで優れたパフォーマンスを発揮したことで、ルノーの将来のドライバー候補なのではないかとの推測が持ち上がったが、ルノーは今回のグッドウッドでの走行の後はクビカを走らせる予定はないとして、うわさを打ち消している。

[オートスポーツweb ]