ここから本文です

2018年は4月開催のF1アゼルバイジャンGP、2019年は6月開催での調整を求める

7/3(月) 16:33配信

オートスポーツweb

 2018年シーズンのF1アゼルバイジャンGPは4月に開催されることが決定しているが、オーガナイザーは2019年シーズンの開催時期を6月に戻したいと考えている。

今季は波乱の展開となったアゼルバイジャンGP

 来季のアゼルバイジャンGP開催時期が変わったのはオーガナイザーの要望によるものであり、アゼルバイジャン民主共和国の建国100周年記念祭典とのバッティングを避けるためだった。

 アゼルバイジャンGPの日程が変わったことにともない、ロシアGPもシーズン後半の開催に変更。これにより、ロシアで行われるサッカーW杯とのバッティングも回避することができた。

 アゼルバイジャンGPの主催者であるアリフ・ラヒモフは先週、英AUTOSPORTに対し以下のように述べている。

「(来季の開催時期を)早めるように要望を出していた。来年6月に行われる建国100周年の祭典で広場を使いたいからだ。かといって7月からのヨーロッパラウンドは日程が混み合っているので、そこに我々を組み入れる余地はない」

「2019年シーズンは6月の開催に戻したいと思っている。(6月の開催に)満足しているし、総合的に見て6月は我々にとってもいい時期だ。その時期のほうが、おそらく天候に恵まれる。日向にいると暑いが、日陰に入ると問題ないくらいの気候になる」

 しかし来季はシーズン序盤の開催になるため、アゼルバイジャンGPは気温が15度前後になる見込みだ。4月のアゼルバイジャンは「凍えるほどの寒さではないが、Tシャツでいられる気温でもない」とラヒモフは言う。

 ラヒモフは2019年の開幕戦と最終戦の日程を変えることが、唯一の対応策になるのではないかと考えている。

「カレンダーがどうなるかはわからないが、開幕戦を3月の早い時期にすることもできるかもしれない。いまのカレンダーでは厳しいだろう」

 アゼルバイジャンGPの観客数は初開催の前年に比べて30%増加しており、今季のレース展開が波乱に満ちたものだったことから、来季もさらに増えることが期待される。

 ラヒモフは「我々がエンターテイメントを提供し、すべてがうまくいっていれば、日程の変更は観客数に影響しないと考えている」と述べた。

[オートスポーツweb ]