ここから本文です

スピッツ、30周年記念ツアーいよいよ開幕。新旧を織り交ぜ約20曲を披露

7/3(月) 14:00配信

rockinon.com

スピッツの全国ツアー「SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR“THIRTY30FIFTY50”」が1日、静岡県・静岡エコパアリーナで開幕した。

開演時間の18時を少し過ぎた頃「スピッツがデビューしてからこれまで静岡県で20回ライヴを行い、21回目の今回は、記念すべき初エコパアリーナ公演です。楽しみましょう!」というアナウンスが入り、総立ちになった客席はメンバーの登場を拍手で迎え、アニバーサリーツアーの幕はいよいよ切って落とされた。

ライヴはデビューシングル曲“ヒバリのこころ”、シングルコレクションに収録される、『めざましテレビ』のテーマソングとしておなじみの“へビーメロウ”や、草野マサムネ(Vo・G)がこの日唯一曲名を紹介し歌った“ロビンソン”、そして2004年の作品“スターゲイザー”、“運命の人”など、新旧を織り交ぜ、約20曲が披露された。

メンバーの三輪テツヤ(G)と田村明浩(B)が、共に静岡県出身の幼馴染ということで、草野が「このバンドは四捨五入すると静岡のバンドです」と言うと大きな拍手がステージに向けられた。

全国11ヶ所、22公演行われるこの30周年記念ツアー。ファイナル公演は10月1日(日)に宮城・セキスイハイムスーパーアリーナで行われる。

スピッツ オフィシャルサイト

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:7/3(月) 14:00
rockinon.com