ここから本文です

和歌山県議が資産公開

7/3(月) 17:01配信

紀伊民報

 和歌山県は3日、条例に基づき2016年の県議40人の所得や資産状況を公開した。1年間の所得の平均金額は1256万円(1万円未満切り捨て)で、最も多かったのは土地売却により3385万円となった坂本登議員(日高郡)だった。

 公開対象は、昨年1年間の所得金額、今年4月1日現在、報酬を得て就いている会社などの役職、16年末時点で前回報告時点から新たに取得した資産。4月時点で議員でなかった故浅井修一郎元議員(有田市)、松坂英樹元議員(有田郡)は報告の対象外となる。

 日高郡以南の議員の所得金額は次の通り。

【日高郡】

 坂本登=議員報酬1051万円、借地料45万円、事業所得マイナス95万円、土地売却2383万円▽花田健吉=議員報酬1051万円▽冨安民浩=議員報酬1051万円

【田辺市】

 泉正徳=議員報酬等1111万円、不動産所得40万円、雑所得7万円▽鈴木太雄=議員報酬等1132万円▽谷口和樹=議員報酬1051万円、家賃収入182万円

【西牟婁郡】

 秋月史成=議員報酬等1641万円、事業所得30万円▽立谷誠一=議員報酬(監査委員、関西広域連合議員を含む)1134万円、不動産所得88万円、雑所得1万円

【新宮市】

 濱口太史=議員報酬1051万円

【東牟婁郡】

 谷洋一=議員報酬等1201万円▽前芝雅嗣=議員報酬1183万円、賃家料282万円

最終更新:7/3(月) 17:01
紀伊民報