ここから本文です

1756人、8部門で健脚競う 能登島ロードレース

7/3(月) 2:11配信

北國新聞社

 ひょっこりのとじま・2017能登島ロードレース(2日・七尾市能登島特設コース=実行委、北國新聞社主催)31都道府県から1756人がエントリーし、ハーフマラソンと10キロの計8部門で健脚を競った。男子18~49歳ハーフで高沢圭輔(白山市)が1時間15分1秒で初優勝を果たした。

 このほか石川勢は、18~49歳10キロの男子で山吹昌寛(能美市)が4連覇、18~49歳ハーフ女子で中島麻理(金沢市)、50歳以上のハーフ男子で多間利一(珠洲市)が制した。

 沿道では市民ボランティアが給水所の運営や選手の誘導にあたり、多くの住民がランナーに声援を送った。地元女性グループが豚汁で選手の疲れを癒やした。

 ▽1部(10キロ男子18~49歳) (1)山吹昌寛(能美)33分6秒(2)柴田太志(南砺)35分45秒(3)原田歩(金沢)36分8秒

 ▽2部(同女子18~49歳) (1)坂口瑛(高岡)40分7秒(2)細川由利(白山)42分47秒(3)小山奈津子(千葉県)45分33秒

 ▽3部(同男子50歳以上) (1)宮崎忠勝(富山)37分4秒(2)内田武史(大阪府)38分16秒(3)水野敏博(富山)40分3秒

 ▽4部(同女子50歳以上) (1)福田恵美子(富山)45分44秒(2)吉田詩子(白山)47分24秒(3)前沢京子(富山)47分43秒

 ▽5部(ハーフ男子18~49歳) (1)高沢圭輔(白山)1時間15分1秒(2)鈴木聖夫(愛知県)1時間15分11秒(3)音信之介(金沢)1時間15分40秒

 ▽6部(同女子18~49歳) (1)中島麻理(金沢)1時間41分48秒(2)手塚阿津子(同)1時間42分30秒(3)中橋光恵(白山)1時間45分39秒

 ▽7部(同男子50歳以上) (1)多間利一(珠洲)1時間27分5秒(2)木下孝浩(富山)1時間27分39秒(3)倉地修(愛知県)1時間27分53秒

 ▽8部(同女子50歳以上) (1)古家雅恵(滋賀県)1時間34分34秒(2)小木曽小百合(岐阜県)1時間44分50秒(3)船屋志保子(黒部)1時間50分29秒

北國新聞社

最終更新:7/3(月) 2:11
北國新聞社