ここから本文です

家電など大切なものに必要な期間保険をかけられるアプリ「Warrantee Now」--1日19円から

7/3(月) 14:37配信

CNET Japan

 家電製品の保証書を電子管理できるスマートフォンアプリ「Warrantee」を提供するWarranteeは7月3日、東京海上日動火災保険と提携し、大切なものを使う日だけ、保険に加入できるアプリ「Warrantee Now」を8月に提供することを発表した。これにあわせて、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険、代理店の三井物産インシュアランスの3社とも連携し、同サービスを共同展開する。

 Warrantee Nowは、スマートフォンから必要なものに必要なときだけ保険をかけられるオンデマンド型のアプリ。24時間いつでも加入・解約でき、たとえば、旅行期間だけ一眼レフカメラに保険をかけるといったことが可能になるという。アプリを起動して該当製品を選択、手元にある保険加入したい製品の写真を登録することで申し込める。

 保証内容については、メーカー保証期間外の自然故障では、デジタル家電は発売3年後、生活家電は発売5年後まで対応。破損や水濡れについては発売10年後まで対応する。紛失についても近日中に対応予定だ。

 料金は、発売時の価格と持ち運び頻度の高さから算出しているという。エアコン、ガスレンジ、掃除機、洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫、炊飯器、テレビなどの「生活家電」は1日19円から。デジタル一眼レフカメラ、レコーダー、プリンタ、PC、ポータブルオーディオなどの「デジタル家電」は1日39円からとなる。今後は、自動車や住宅の保険サービスも提供する予定だという。

 Warrantee代表取締役の庄野裕介氏は、保証書管理アプリのWarranteeでは、登録した製品の修理依頼や中古売却などが可能なほか、家電の型番やジャンル、発売日などのデータベースである「商品マスター」を65万件ほど保有していると説明。誰がいつ何を買い、いつ修理したのかといった履歴情報などを、保険アプリにも生かせるのではないかと語った。

 今後は8月末にサービス(iOS/Androidアプリ)を開始し、2017年内に対象品目を拡大する予定。また、当初はユーザーが自身で加入、解約する必要があるが、2017年度内にユーザーが製品を持っている時だけ自動で保険をかけられる新機能を実装する予定だという。同社ではサービス開始から1年で契約者数10万人、2020年までに100万人を目指すとしている。また、将来的には同様のモデルを海外にも展開したいとした。

最終更新:7/3(月) 14:45
CNET Japan