ここから本文です

都議選:小池知事支持勢力が過半数、自民は大敗-安倍政権に打撃

7/2(日) 20:50配信

Bloomberg

東京都議選は2日投開票が行われ、小池百合子知事が率いる都民ファーストの会が第1党に躍進し、公明党などと合わせた支持勢力で過半数を獲得した。自民党は現有議席の半数以下となる大敗で、安倍晋三政権にとって打撃だ。同党は3日午前に臨時役員会を開催し、対応を協議した。

安倍首相は都議選結果について「政権に緩みがあるのではないかという厳しい批判があった」とし、「真摯(しんし)に受け止めなければならない」と語った。「政権奪還した時の初心に立ち返り、全力を傾ける決意だ」とも強調した。3日朝、官邸で発言した場面をNHKが放映した。

東京都選挙管理委員会によると、都民ファーストが49(現有議席6)、公明党23(同22)、自民党23(同57)、共産党19(同17)、民進5(同7)だった。定数は127。自民党は過去最低の38議席を大幅に下回った。投票率は51.28%で前回の43.50%を上回った。都民ファーストはさらに無所属で当選した6人を追加公認した。

政治評論家の森田実氏は都議選結果が政権に与える影響について「甚大、深刻といっていい。内閣改造はしないといけないが、それで立ち直るような事態ではない」と指摘。自民党内では来年秋の総裁選に向けて安倍首相を交代させようという動きが「ゆっくりと出てくるだろう」との見方も示した。

2009年7月の都議選で自民党は10議席を失い、民主党が第1党に躍進。翌8月の衆院選でも大敗し、民主党への政権交代を許した。今回はこの時をさらに下回る惨敗で、政治評論家の森田氏はこのまま衆院選を行えば「自民党は大敗北するだろう」と指摘している。安倍首相は、自民党役員が任期満了を迎える9月までに内閣改造と役員人事を行い、政権の立て直しを図る。

二階俊博幹事長は3日午後の記者会見で、「一致団結して安倍首相を支える」と述べた上で、臨時役員会で安倍首相が国民から信頼される政党に立て直したいと発言したことを明らかにした。一方、麻生太郎副総理兼財務相は同日、党内で2番目の勢力となる新派閥「志公会」の結成を発表。麻生氏は会見で、「安倍政権を力強く支えていくことが国益につながっていく」と述べた。

1/3ページ

最終更新:7/3(月) 16:41
Bloomberg