ここから本文です

国土交通省「電子成果物作成支援・検査システム」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

7/4(火) 8:00配信

ScanNetSecurity

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は7月3日、国土交通省が提供する「電子成果物作成支援・検査システム」のインストーラなどに、DLL読み込みに関する脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは7.8。橘総合研究所の英利雅美氏が報告を行った。

「電子成果物作成支援・検査システム Ver3.02 およびそれ以前(2017年6月20日より前に掲載されていた版)」のインストーラおよびインストーラを含む自己解凍書庫には、DLLを読み込む際の検索パスに問題があり、同一ディレクトリに存在する特定のDLLを読み込んでしまう脆弱性(CVE-2017-2231)が存在する。この脆弱性により、自己解凍書庫やインストーラを実行している権限で任意のコードを実行される可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新の自己解凍書庫を使ってインストールするよう呼びかけている。

(吉澤 亨史)

最終更新:7/4(火) 8:00
ScanNetSecurity