ここから本文です

2017年最注目女優・飯豊まりえ、フレッシュさと実力を兼ね備えたの魅力とは!?

7/4(火) 5:00配信

cinemacafe.net

春公開の『暗黒女子』に続き、ドラマ「マジで航海してます。」では主演、「居酒屋ふじ」ではヒロイン役とこの夏放送のドラマ2作でメインキャストに起用されるなど、今年最も注目される若手女優の1人となった飯豊まりえ。彼女の魅力とは!?

【写真】2017年最注目女優・飯豊まりえの魅力に迫る!

1998年生まれ、現在19歳の飯豊さんはティーン向けファッション誌「ニコ☆プチ」「ニコラ」のモデルを経て2014年から「Seventeen」の専属モデルとして活動中。並行して2012年ごろから女優としても活動し、「獣電戦隊キョウリュウジャー」で戦隊ヒロインの座を射止めると、実写版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などに出演。

昨年ドラマから映画へと展開した『MARS~ただ、君を愛してる~』のヒロイン・麻生キラ役に抜擢。夏の月9「好きな人がいること」では野村周平演じる柴崎冬真の彼女役を演じ、フレッシュな魅力が大きな注目を集めた。

今年に入ると「嫌われる勇気」にレギュラー出演、波瑠の“ゲス不倫妻”ぶりが大きな反響を呼んだ「あなたのことはそれほど」では第1話の冒頭で駆け落ちする花嫁役で清楚なウエディングドレス姿を披露。2月に公開された映画『きょうのキラ君』でのヒロイン役を演じ、清水富美加とW主演を果たした『暗黒女子』では公開直前になって急きょプロモーション活動などの中心的存在となりながらも“重責”を見事果たし、4月1日の公開初日の舞台挨拶でみせた涙も話題となった。

さらにその活躍は地上波やスクリーンだけにとどまらず、6月末からはdTV×FOD共同製作ドラマ「パパ活」のヒロイン役にも起用。生活費を稼ぐために渡部篤郎演じる男性と「パパ活」する女子大生という難役を見事こなしている。

飯豊さんがモデルを務めている「Seventeen」は北川景子や本田翼、榮倉奈々、広瀬すずら錚々たる人気女優を生み出してきた女優の“登竜門”的な雑誌。また「ニコラ」からも新垣結衣、川口春奈、二階堂ふみといった人気女優が育ってきた。まさに人気女優への“王道”を歩んできたともいえる経歴だ。

これだけでもブレイクには充分すぎる条件だが、彼女が女優業に進出した初期に“戦隊ヒロイン”を演じたことで鍛えられた場数や対応力も、フレッシュだけにとどまらず実力も兼ね備え、青春ドラマからコメディ、大人の恋愛まで多彩に演じこなせる存在へと彼女を成長させたのではないだろうか。

そんな飯豊さんが武田玲奈と共に主演を務める「マジで航海してます。」が7月2日(日)深夜よりMBSにて放送スタート。TBSでは7月4日(火)から毎週火曜深夜1時28分より放送開始だ。

同作は飯豊さん演じる大学1年生の真鈴と武田さん演じる燕が、乗組員の8割が男性という練習船「未来丸」に乗り込み新入生最初の試練である1か月間の「乗船実習」に参加。厳しい訓練メニューや想像を絶する船酔いに立ち向かいながら、仲間の男子学生とともに奮闘する日々をコメディ要素満載で描いていく作品。

第1話放送後(MBSにて)には「まじで可愛すぎ」「お風呂シーン最高でした」「可愛くて、ついつい観てしまう」など、同世代の女子たちのツイートが続々と投稿されている。

また7月8日(土)深夜からは「居酒屋ふじ」もスタート。東京・中目黒に実在する居酒屋「ふじ」を舞台に大森南朋ら著名人が実名で登場するヒューマンドラマ。飯豊さんは永山絢斗演じる西尾栄一と惹かれあうOL役でヒロインを演じており、こちらも注目だ。

毎週土曜日8時30分から放送中の「にじいろジーン」にレギュラー出演も決定、この夏“週末ヒロイン”としてさらなる注目を浴びそうな飯豊さんの今後の活躍に期待だ。

最終更新:7/4(火) 5:00
cinemacafe.net