ここから本文です

【中国】普通軽油を「国4」移行、大気汚染改善へ

7/4(火) 11:30配信

NNA

 中国国家発展改革委員会(発改委)など政府8部門は1日から、硫黄分を50ppm以上含む「普通軽油」の供給を全面的に禁止した。大気汚染対策の一環として、排ガスの国家基準「国4」(欧州の「ユーロ4」に相当)に適合する製品へ全面的に移行する。
 中央政府は2015年5月、石油製品の品質向上を従来計画より前倒しで進めると発表。主に農業機械や建設機械などに使われる普通軽油の品質基準は、17年7月1日から国4、18年1月1日から「国5」(ユーロ5に相当)へそれぞれ引き上げるとしていた。
 自動車用のガソリンと軽油については、今年1月1日から既に国5基準へ全面的に移行している。

最終更新:7/4(火) 11:30
NNA