ここから本文です

都心、五輪バブル? 2020年に向け再開発加速 銀座の路線価、過去最高

7/4(火) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に向けて、東京で再開発やインフラ整備が加速している。こうした動きにあわせて地価も上昇。国税庁が3日に公表した17年分の路線価=キーワード=は東京で前年より3・2%上がった。急激な環境変化への対応が求められるなど課題も浮かんでいる。

 路線価は全国平均で前年を0・4%上回り、2年連続で上昇した。低金利を背景に住宅需要や投資需要が高まり、各地で地価を押し上げた。なかでも投資が集まる東京・銀座の一等地は、1平方メートルあたり4032万円を記録。バブル期を超え、路線価の最高額を更新した。……本文:3,642文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社