ここから本文です

勸玄くん最年少で圧巻宙乗り 天国の麻央さんに届け…海老蔵と親子共演

7/4(火) 6:00配信

デイリースポーツ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)と長男の勸玄くん(4)が3日、東京・歌舞伎座で初日を迎えた「七月大歌舞伎」(7月3~27日)の夜の部「駄右衛門花御所異聞」にそろって出演し、親子で宙乗りを披露した。最年少で宙乗りに挑んだ勸玄くんの母でフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)は観劇を楽しみにしながら、6月22日に死去。2人は天の麻央さんに届けとばかりに高々と舞い上がった。

【写真】麗禾ちゃん 麻央さんが「まだ生きてるっていう夢」を見た

 宙乗り初挑戦の4歳に歌舞伎座が沸きに沸いた。海老蔵演じる火伏せの神・秋葉大権現が使いの白狐(びゃっこ)を呼ぶと、白塗りの勸玄くんが登場。「勸玄白狐御前に」と見得(みえ)を切った。暗転の後、2人は再び花道に現れ、海老蔵が勸玄くんを抱える形で高々と舞い上がった。

 空中で少し不安げに下を見ていた勸玄くんだが、観客の拍手に迎えられると千両役者ぶりを発揮。客席に向かって両手で手を振り笑顔を誘った。2人は悠然と宙を舞い、3階の客席奥に姿を消し、拍手はしばらく鳴りやまなかった。

 今作は生前、麻央さんが観劇を熱望していた。麻央さんの生きる目標にする意味もあって、海老蔵が親子での出演を決めた。海老蔵と勸玄くんはこの日、高さ約10メートル、距離にして約20メートルを移動。麻央さんに直接見せることはかなわなかったが、悲しみを乗り越えてしっかりと舞台を勤めた。

 見事に宙乗りに成功した勸玄くんだが、この日は、朝から舞台出演を渋り、海老蔵を困惑させていた。移動の車中で「ママが見てるよ」と説得され、翻意した。

 最愛の人を亡くしたショックが癒えぬまま初日を迎えた海老蔵。宙乗り直後に更新したブログでは「そばに ママいたね」と勸玄くんと話したことを明かした。この日は長女・麗禾ちゃん(5)も来場し、父と弟の晴れ姿を見守った。麻央さんの思いを胸に家族“4人”が1つになって舞台を成功させた。