ここから本文です

AIなど3つのレイヤでサイバー詐欺に対応するクラウドサービスを発表(バラクーダ)

7/4(火) 8:00配信

ScanNetSecurity

バラクーダネットワークスジャパン株式会社(バラクーダ)は7月3日、包括的なAIソリューション「Barracuda Sentinel」を提供開始すると発表した。これは、米Barracuda Networks社が6月28日に発表したリリースの抄訳。同ソリューションは、クラウドサービスにより、AIを駆使してスピアフィッシング、なりすまし詐欺、ビジネスメール詐欺(BEC)、サイバー詐欺から人、ビジネス、企業を保護するもの。

同ソリューションはこれらの攻撃に対し、AIテクノロジ、ドメイン攻撃の可視化、そして詐欺対策トレーニングといった3つのレイヤを包括ソリューションとして統合している。また、Microsoft Office 365などのコミュニケーションプラットフォームとダイレクトに連携し、組織の既存のコミュニケーションパターンを把握するために必要な現在および過去データに素早くアクセスすることでなりすまし攻撃を防止する。さらに、機械学習エンジンより収集されたインテリジェンスを活用し、組織内で攻撃される可能性のある要注意の従業員を特定。特定された要注意人物には、定期的、自動的にトレーニングを実施する。

(吉澤 亨史)

最終更新:7/4(火) 8:00
ScanNetSecurity