ここから本文です

ALSI、KDDIパートナー支援プログラムで「ISGC」を発売

7/4(火) 15:19配信

BCN

 アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は7月3日、KDDI(田中孝司社長)が提供するSaaS型パートナー支援プログラム「Business Port Support Program」を通じて、ALSIのセキュアウェブゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection(ISGC)」を6月30日に発売したと発表した。価格は月額600円から。

 Business Port Support Programは、さまざまな業務アプリケーションを必要な時に利用することができるSaaS型のプラットフォームサービス。KDDIのサービスと一緒に利用することで、簡単に、素早く、便利に、強固な情報セキュリティを実現し、顧客の負担軽減や利便性向上につなげることができる。

 ALSIでは、Business Port Support Programを通じて、今年3月にスマートデバイス向けウェブフィルタリングサービス「InterSafe MobileSecurity Lite」の提供を開始し、利用者を拡大してきたが、今回、新たにセキュアウェブゲートウェイサービスのISGCを追加した。

 ISGCは、クラウドプラットフォームで出口での多層防御を実現するセキュアウェブゲートウェイサービス。世界中から収集し、クラウドで常に更新される「脅威インテリジェンス」にもとづき、最新の脅威もリアルタイムでブロックすることができる。また、クラウドサービスのためシステム構築が不要となり、利用中の機器から、手軽に最新のサイバー攻撃対策を実現する。

最終更新:7/4(火) 15:19
BCN