ここから本文です

「ジョジョ」スイスの映画祭で「トレビアン」、三池崇史は続編にも意欲

7/4(火) 4:00配信

コミックナタリー

荒木飛呂彦原作による実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」のワールドプレミアが、スイスで開催されている第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭にて現地時間の7月2日に行われた。

【写真】ワールドプレミアの様子。(他16枚)

ワールドプレミアには東方仗助役の山崎賢人と、三池崇史監督が登壇。この日が本作のお披露目の場となったことについて三池監督は「日本でもお客さんの前では披露しておらず、世界で初めて皆さんに完成した本作を観ていただくので、楽しんでもらえること心から祈っています」と現在の心境を説明する。一方で三池監督から「ジョジョ」と紹介された山崎は、「こんばんは、山崎賢人です。『ジョジョの奇妙な冒険』を見てもらえることにとても興奮しています」と流暢なフランス語で挨拶した。

その後、山崎と三池監督は現地に集まったファンたちとともに映画を鑑賞。上映が終了すると、「トレビアン」の声が上がるとともに、スタンディングオベーションが巻き起こる。映画をお披露目したことについて三池監督は「よくマンガのことを知っている人がいて、それぞれリアクションが違って非常に楽しかったです。でも、観終わって皆さんの笑顔を見てほんとに助かりますし、救いになります」と胸を撫で下ろす。また「ジョジョの奇妙な冒険」を映画化した経緯を問われた三池監督は、「長い間、荒木先生が連載をされており、現在1億部を超えています。誰にも実写化できないと言われ、何年も前から様々な人が実写化に挑戦したがなかなか実現しなかった。そして、今回、山崎賢人という俳優が登場し、勇気をもって映画化した」と回答。続編について問われると「続編ができるかどうかは、はじめて観た皆さんがおもしろかったと世界へ向けて発信してくれるかにかかっています」とPRを促した。

一方で山崎は出演が決まるまで、「ジョジョの奇妙な冒険」を手に取ったことがなかったことを告白し、「読んで大ファンになりました!」とコメント。仗助というキャラクターについては、「仗助に対してはすごく憧れる部分がありますね。自分自身がなかなかできないようなことをやってくれるので、かっこいいキャラクターだなと思います」とその思いを語った。

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は8月4日に公開される。

(c)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会 (c)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社