ここから本文です

ともにブログで大暴走…松居一代と泰葉の“大きな違い”

7/4(火) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

「1年5カ月も尾行され続けている」などとブログにつづり、世間を騒がせている女優の松居一代(60)。2日もブログを更新し、「屈することなく戦う決意ができたんです」と宣言したが、一体誰から尾行され、誰と戦うのか、全く分からない。ベテラン女優の謎の大暴走に、マスコミや芸能界も少し呆れ気味だ。

 最近、仕事で松居と会ったという俳優の中尾彬は「普通に話しました」「寂しいんだよ。やることないから」「自分で2時間ドラマのストーリー書いてるんだよ」「(心配)ないよ」と明かしている。もし、これが事実なら、本当に人騒がせな話だ。ベテランの芸能記者がこう言う。

「中尾さんの言うとおり、松居は寂しいのだと思います。最近は自らの新しい話題もなく、夫の船越英一郎とは完全に別居状態。誰からも相手にされていない。今回のブログ騒動はマスコミに取り上げてもらうための“炎上商法”なのでは。2年前にも『緊急会見』と仰々しく会見リリースがきたのですが、行ってみるとただの出版発表会でした。過去に同じようなことが何度もあったんです」

■泰葉の暴走は天然?

 最近でいえば、松居と負けず劣らずで暴走気味なのがタレントの泰葉(56)だろう。ブログで元夫で落語家の春風亭小朝から20年にわたって虐待を受けていたことを突如、告白。先月には会見し、小朝とタレントの和田アキ子に対し、民事訴訟を起こすと発表したが、その後にブログで「提訴辞退」を明かしている。こちらも一体何がしたいのか、常人には理解しがたいものがある。

「泰葉は計画性がなく、天然なところがあるんです。ブログを見ていると、どうしようもないところもあるが、父の初代林家三平が自分の子供たちの中で『一番才能がある』と認めたほど、タレント性はある。しかし、松居の場合、タレントとしての実績というよりは、話題づくりがうまいだけです。“虚言癖”と言っていいかもしれませんが……」(前出の芸能記者)

 振り回される周りの人間にとって、迷惑な話でしかない。