ここから本文です

【韓国】首都圏広域バス、政府が新庁での統括を検討

7/4(火) 11:30配信

NNA

 渋滞が深刻な首都圏の広域交通に対応するため、韓国政府が広域交通庁を設立してバス路線の増便をはじめとする権限を与えることを検討している。3日付毎日経済新聞が伝えた。
 所管省庁となる国土交通省が月内に作業部会を立ち上げ、広域交通庁に移す業務や権限を協議する。首都圏の広域交通について、従来のように各行政区域ではなく、広域交通庁が南北東西の4つのエリアに分けてバス路線の編成などを総括できるようにする考え。これが確定すれば、首都圏の自治体であるソウル市と京畿道、仁川市と協議し、早ければ8月中に広域交通庁設立を推進する計画だ。
 通勤時間の短縮や路線の効率化につながると見込まれる。ただ、自治体間の利害関係は異なり、これを広域交通庁がどう解消していくかが鍵となる。

最終更新:7/4(火) 11:30
NNA