ここから本文です

小型家電回収で五輪メダル製作 沼津市が呼び掛け

7/4(火) 8:38配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 沼津市は3日、使用済みの小型家電から抽出したリサイクル金属で2020年東京五輪・パラリンピックのメダルを製作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」への協力を開始した。市役所ロビーや地区センターなど21カ所で回収している。

 回収ボックスにのぼり旗を設置したほか、同市出身のバルセロナ五輪水泳金メダリスト岩崎恭子さん、2016年のリオデジャネイロ・パラリンピックの車いすラグビーで銅メダルを獲得した若山英史さんが寄せた「五輪・パラリンピックに関わるチャンス」「メダルはいろんな方の思いが詰まったとても価値のあるもの」などのメッセージも添え、協力を呼び掛けている。

 集まった小型家電は環境省の認定事業者が回収し、解体、精錬などを経てメダルに生まれ変わる。問い合わせは市ごみ対策推進課<電055(934)4743>へ。

静岡新聞社