ここから本文です

弟弟子との稽古に上機嫌…横綱稀勢の里に“危うい兆候”

7/4(火) 11:56配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 このままでは先場所の二の舞いとなりかねない。

 3日、31歳の誕生日を迎えた横綱稀勢の里。この日は田子ノ浦部屋で弟弟子の大関高安と稽古を行い、「久しぶりに手応えがあった」と顔をほころばせた。稽古序盤は痛めている左腕をうまく使えなかったが、後半に挽回。前日2日を休養日に充てたこともあり、「だいぶ良くなった」と上機嫌だった。

 しかし、それこそ危険な兆候だ。先月27、28、29日は高安と稽古し、この時は特に問題はなかった。それが一門連合稽古となるや、勝手が違った。嘉風に30日、1日と連日翻弄され、揚げ句、稽古中に転倒して左腕を土俵に強打してしまったのだ。

 その影響か、2日は稽古を休み、この日は高安相手に稽古を再開。好調だ何だといっても、しょせん弟弟子が相手の時の話だ。

「兄弟子の横綱がケガをしていれば、高安はどうしたって稽古で気遣う。そこが他の部屋の力士とは違うところです。部屋が異なればケガをしていようがいまいが、横綱相手に全力を尽くさないのは失礼極まる行為。嘉風だって、稀勢の里相手に手加減する余裕なんてない。同じ一門といっても、部屋が違えばそんなもの。土俵に上がれば、食うか食われるかの世界ですからね」(ある親方)

 それでも復帰を急ぐ稀勢の里は、わらにもすがりたい気持ちなのか、弟弟子相手の相撲で自己満足しようとしている。本場所が始まったら、「休養日」などない。その時に後悔しなければいいが……。