ここから本文です

AI技術を活用した出納業務の自動化システムを開発

7/4(火) 9:10配信

MONOist

 日立製作所は2017年6月22日、AIを活用して出納業務での証票の読み取りから承認までの作業を自動化するロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)技術を開発したと発表した。財務のシェアードサービスを請け負う日立マネジメントパートナー(日立MP)が同技術を取り入れたRPAシステムを試験運用し、証票処理が70%自動化できることを確認した。

【その他の画像】

 同技術は、「単語の属性を識別するAI技術」と「文字情報セットの確実性を推定するAI技術」から構成される。単語の属性を識別する技術では、単語が持つ金額、会社名などの属性を識別する。例えば、単語の左端に「\」があった場合や数字3つごとに「,」があった場合は金額とするなど、着目する単語の周辺の文字や別の単語との関係性をAIで分析して識別する。

 文字情報セットの確実性を推定するAI技術では、宛先名、請求者名、請求金額などの照合に必要な項目セットをあらかじめ学習させておくことで、そのセットに該当する情報があれば承認と判断できる。該当する情報がない証票は、人による照合、承認作業に回される。人手作業に回った証票は学習材料となり、自動的に照合、承認作業の自動化率を向上させていく。

 同社では、同年10月より日立MPにおいてRPAシステムの出納業務での本格運用を開始する予定。さらに旅費精算、年末調整など他の間接業務への適用を進めていき、金融機関や保険、公共分野などへの展開を目指すとしている。

最終更新:7/4(火) 9:10
MONOist