ここから本文です

マクドナルドが生まれた50年代を完璧再現!元祖キャラ“スピーディーくん”も登場

7/4(火) 17:00配信

cinemacafe.net

アカデミー賞ノミネート経験を持ち、『スパイダーマン:ホームカミング』では敵役を演じることで話題のマイケル・キートンが、あのマクドナルドの創業者に扮する『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』。本作の舞台となるのは、1950年代のアメリカ。当時の世界観を見事に作り上げた、こだわりの美術に注目した。

【画像】マクドナルド初期のキャラクター“スピーディーくん”

マイケル演じるセールスマンのレイは、ディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店「マクドナルド」の合理的な流れ作業による“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに魅了され、兄弟を説得してフランチャイズ契約を交わす。しかし、次々にフランチャイズ化を成功させ、利益を追求するレイと兄弟の関係は急激に悪化。レイは自分だけのハンバーガー帝国を創るため、兄弟との全面対決へと突き進んでいく。

その実話を基にした物語は、50年代のアメリカが舞台となっている。戦後、アメリカは車や家電製品の登場によって人々の暮らしが少しずつ豊かになり、若者たちが映画やTVなどを通じてファッションや音楽の影響を大きく受け始めた、まさにカルチャーに敏感な時代。

そんな重要な50年代を描くカギとなる美術に、監督のジョン・リー・ハンコックは、同じく50年代が舞台だった『ウォルト・ディズニーの約束』(’15)でもタッグを組んだマイケル・コレンブリスに美術を依頼し、当時の様子を完全に再現させた。

当時のマクドナルド店舗を実寸大で復元し、さらに兄弟がこだわった“ゴールデンアーチ”(アルファベットのMを意識した黄色のアーチ)も再現。また、当時のマクドナルドの制服を用意するにあたり、年代物のマクドナルドのペーパーハットをオークションサイトで見つけ、それを基に100個もの帽子を制作している。さらに紙コップやハンバーガーの包み紙、フライドポテトの袋には、マクドナルド初期のキャラクター“スピーディーくん”がプリント! 細部までこだわった小道具が揃い、まるで当時にタイムスリップしたかのような完璧な再現を果たしている。

50年代のマクドナルドを再現するため、コレンブリスはカリフォルニア州ダウニーで経営を続けるマクドナルド3号店に併設されているミュージアムに足しげく通ったという。「ミュージアムに行かなくても、設計図もマニュアルも資料として持っていて、参考になるものはたくさんあった。だけど当時のマクドナルドの神髄を保つ店に行けたことは幸運だったよ」と述懐する。

“スピーディーくん”の独特の表情や、色使い、デザインなど、その時代にあっという間に連れていってくれる美術へのこだわりにも注目してみて。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は7月29日(土)より角川シネマ有楽町、角川シネマ新宿、渋谷シネパレスほか全国にて公開。

最終更新:7/4(火) 17:00
cinemacafe.net