ここから本文です

アステカ時代の遺跡で「頭蓋骨の塔」発掘

7/4(火) 9:33配信

ロイター

[メキシコ市 1日 ロイター] - メキシコ市のアステカ遺跡の主要な神殿近くで、石灰石で固めて塔のように積み上げられた650体以上の頭蓋骨や人骨が発掘された。これまでの定説を覆し、女性や子供のものも含まれており、アステカ帝国における生贄文化に新たな疑問が浮上した。

【図表で分かる】北朝鮮「ミサイル技術」の急速な進歩

この「頭蓋骨の塔」は、のちにメキシコを征服したスペイン人を震撼させ、当時の記録に残っている一連の人骨群の一部とみられている。

歴史家らは、多数の人骨建造物について、戦争捕虜の斬首と関連があるとみていた。

だが、今回の発掘について生物人類学者は「われわれは捕虜として若い男性を想定していた。女性や子供は戦争には行かないと考えられる。(したがって)われわれの記録にないことが起きていたことになる。これは新しく、初めてのケースだ」と述べた。

アステカなど中米の古代文明では、太陽に人の生贄をささげる儀式が行われていた。

最終更新:7/4(火) 16:35
ロイター