ここから本文です

柴咲コウさん、井伊家の道具に感動 都内で「直虎」展

7/4(火) 8:53配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公として注目を集めている井伊直虎や、養子で徳川四天王の1人に出世した直政に焦点を当てた特別展「戦国!井伊直虎から直政へ」が4日から8月6日まで、東京都墨田区の江戸東京博物館で開かれる。3日は一般公開を前に、ドラマで直虎役を演じる女優柴咲コウさんが会場を訪れた。

 同展は直虎、直政を中心に、今川義元や武田信玄、織田信長ら同時代を生きた戦国武将を紹介。井伊家に伝わる資料や文化財は約120点に及ぶ。蜂前神社(浜松市北区)と同市博物館が保管する「井伊直虎・関口氏経連署状」は、現存する書状としては唯一、直虎の署名と花押が記されている。井伊家に代々伝わる世継観音像や徳川四天王の具足も来場者の注目を集めそう。

 柴咲さんは展示品を鑑賞し「実際に使われていた井伊家ゆかりの道具を見て、生きていたという実感が湧き、感動した」と感想を述べた。

 同展は8月14日~10月12日に、静岡県立美術館でも開かれる。

静岡新聞社