ここから本文です

フジ株主総会が要求「松本人志を取締役に!」 もっと適任の芸人がいる!

7/4(火) 16:45配信

東スポWeb

 大荒れ株主総会が波紋を呼んだフジテレビに、復活の救世主として“意外な芸人”の名前が挙がっていた。

 先月末に行われたフジテレビの親会社「フジ・メディア・ホールディングス」の株主総会では、業績低迷から抜け出せない経営陣に株主たちも怒りが収まらないといった感じで、株主質問の時間帯には経営陣に様々な質問や意見、怒りの声が飛んだ。同ホールディングスの代表取締役会長を退任し、相談役に就任した日枝久氏(79)に対し「院政」との批判に加え「ワイドナショー」のメーンMCであるダウンタウン・松本人志(53)や「バイキング」司会の坂上忍(50)を「取締役に!」との声が上がったというから驚くしかない。

「そういう意見が総会であったと聞きました。むちゃくちゃかもしれないが、実際にそのお2人は局に貢献されているし、結果も残している。何をやってもダメなら、タレントさんから意見を吸い上げて、番組作りに生かすというのも一つの方法かもしれない」(フジテレビ関係者)

 そんな“タレント取締役”にふさわしい人材がほかにいた。お笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉(45)だ。「局内では松本さん、坂上さんよりも“陰の功労者”として、認められています」(前出関係者)

 有野はフジテレビのCS放送のゲーム番組「ゲームセンターCX」で「課長」という愛称で活躍。昔懐かしいコンピューターゲームに挑戦する番組で、日本だけでなく、欧米、アジアのファンにも支持されているそう。

「実際にホールディングスでは『フジゲームス』というゲーム会社を立ち上げ、2020年には収益の柱となるように期待を掛けられている。うちでゲームといえば“有野課長”をおいてほかにいない。もしかしたら東京五輪のころには、有野課長がうちの救世主となっているかもしれませんね」(前出関係者)

 有野といえば何度も打ち切りがうわさされる「めちゃイケ」のメンバーだが、近い将来に有野がメーンの「ゲームセンターCX」がその枠に収まるかもしれない。

最終更新:7/4(火) 18:10
東スポWeb