ここから本文です

シャープとNHKが共同開発した8Kチューナー開発が放送文化基金賞を受賞!

7/4(火) 21:00配信

アスキー

シャープがNHKと共同で、放送文化基金賞という権威のある賞を受賞。受賞内容は「スーパーハイビジョン(8K)試験放送用高度BSデジタル受信機の開発」

 シャープは7月4日、同社の“8K試験放送用チューナーの開発”が第43回放送文化基金賞の個人・グループ部門において受賞したと発表した。NHKとの共同受賞となり、同日授賞式が行なわれた。
 
 正確には「スーパーハイビジョン(8K)試験放送用高度BSデジタル受信機の開発」。同社は2016年に8K放送に対応するチューナーを開発し、全国で行なわれた8K試験放送の受信公開に使われた。
 
 また、HEVCデコーダーのLSI化に成功し、2018年に開始予定の実用放送に向けて大きく前進したことが認められた。
 
 放送文化基金賞は、公益財団法人放送文化基金が「視聴者に感銘を与え、放送文化の発展と向上に寄与した優れた放送番組」と「放送文化、放送技術の分野での顕著な業績をあげた個人・グループ」を表彰するもの。
 
 1975年から開始され、過去1年間の番組および個人・グループがあげた業績を対象に選定を行なう。なお、放送文化基金は技術開発や研究調査費を助成したり、制作者を対象としたフォーラムなどを全国で開催している。
 
 今回受賞した番組や個人・グループは以下の通り(太字は最優秀賞)。
 
個人・グループ部門(放送文化)
 
個人・グループ部門(放送技術)
 
番組部門(ラジオ番組)
 
番組部門(テレビエンターテインメント番組)
 
番組部門(テレビドキュメンタリー番組)
 
番組部門(テレビドラマ番組)
 
番組部門(個人賞)
 
 
文● ハシモト/ASCII編集部

最終更新:7/4(火) 21:00
アスキー