ここから本文です

井浦新、「暴力で返すしかないんだよ」狂気感じる特報映像公開!『光』

7/4(火) 18:30配信

cinemacafe.net

松田龍平や宮崎あおい共演で映画化され、昨年にはテレビアニメ化もされた「舟を編む」の原作者・三浦しをんの小説を、大森立嗣監督が映画化する『光』。この度、井浦新、瑛太らの鬼気迫る演技が覗ける特報映像が到着した。

【写真】『光』場面写真

東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を救うために男を殺す。その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった…。

それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに、過去の罪が迫ってくる。妻子とともによき父として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった――。

「舟を編む」で本屋大賞を受賞した三浦氏の作品群で、徹底的に人間の闇を描き、ファンの中で特別な評価を得ている一作がこの「光」。『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森監督がメガホンをとり、大人になり、東京で美しい妻と可愛い娘と平穏に暮らす信之役を井浦さん、信之の元に25年ぶりに現れ、島で起きた秘密をほのめかす島の幼なじみ・輔役を瑛太さんが演じるほか、かつて信之と交際し、女優として大きな成功を収めている美花役を長谷川京子、信之の妻・南海子役を橋本マナミが演じている。

到着した特報映像では、「25年前の罪が、僕らの狂気を呼び覚ます」というナレーションと共に、ごく普通のサラリーマンに見える信之、卑しい笑いを浮かべる輔、そして美花、南海子が映し出される。また、テクノの王者として世界的な人気を誇るDJジェフ・ミルズが手掛ける、切り裂くような音楽で画面は急転。幸せそうな信之と南海子の姿に被さる不穏な声、妖しく寄り添う信之と美花、南海子は誰かと激しく情事を交わしている…。

さらに音楽は一層激しくなり、寂しそうな表情で涙を浮かべる輔、冷たい表情で輔の首を締める信之の姿…と、目まぐるしく場面は変わる。そして「暴力で傷ついたら、暴力で返すしかないんだよ」と、信之の静かな狂気を感じるセリフで映像は終了し、人間の狂気を描く上質、かつ衝撃的サスペンスドラマを予感させる映像となっている。



『光』は11月25日(土)より新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほか全国にて公開。

最終更新:7/4(火) 18:30
cinemacafe.net