ここから本文です

いすゞ、コロンビアで商用車用中古エンジン再生事業に進出

7/4(火) 15:00配信

レスポンス

いすゞ自動車は7月3日、米国HELMホールティング傘下でコロンビア国内に修理・整備網を持つナショナル トラック サービス社(NTS)と合弁会社「いすゞ レマヌファクトゥーラ デ コロンビア(IRC)」を設立することで合意したと発表した。

IRCは首都ボゴタ市に設立し、いすゞ車向けの車両用中古エンジンの再生(リマニ生産)事業を行う。いすゞは、2008年よりコロンビアに新車販売のマーケティング会社「GM-Isuzu Camiones Andinos de Colombia, Ltda.社(GMICA‐Colombia)」をゼネラルモーターズ・サウスアメリカ社と合弁で設立しており、再生エンジン事業でも同社との協業を進めていく。

いすゞはコロンビア商用車市場において50%を超える高いシェアを持っている。今回の合弁会社設立により、車両の供給に加え高品質の再生エンジンを提供することで、顧客の車両維持コスト低減および資源の有効活用に貢献していく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/4(火) 15:00
レスポンス