ここから本文です

隠岐でサザエ漁解禁 「つぼ焼き」「刺し身」など、さっそく舌鼓 /島根

7/4(火) 12:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 隠岐で7月1日、サザエ漁が解禁になった。(隠岐経済新聞)

 サザエ漁が盛んな隠岐4島。アワビやバテイラ(隠岐では「ニイナ」)などと並ぶ磯の味覚として、いずれの島もアピールに力を入れる。2016年には島後(隠岐の島町)が仮想の国「貝の王国」の開国宣言も行った。

刺し身になったサザエの様子

 漁期は7月から翌年4月で、毎年5月と6月は禁漁になる。今年の解禁は例年と同じ7月1日。週末と重なったことから、中ノ島(海士町)では、さっそくバーベキューの会を開いて捕れたてのサザエのつぼ焼きに舌鼓を打つグループや、観光客向けに刺し身の提供を再開する店などが見られた。

 島根県によると、サザエにはほとんどの海域で漁業権の設定がある。たやすく拾える場所でも許可なく採捕できないことには注意が必要。

みんなの経済新聞ネットワーク