ここから本文です

物販機能持つ複合型に 焼津・大井川港「マリンタワー」

7/4(火) 8:18配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 焼津市が大井川港で建設計画を進めている展望施設「マリンタワー」について、市はクルーズ船誘致を念頭に、旅客ターミナルと物販などの機能を備えた複合施設にする方針を明らかにした。完成は2019年度を目指す。3日、大井川港港湾会館で開かれた官民でつくる大井川港旅客船等誘致委員会(会長・中野弘道市長)の第1回会合で計画を示した。

 18年度に基本、実施計画を策定して19年度に着工する。観光客が楽しめる「おもてなし体制」も整え、タワー建設と並行してクルーズ船の誘致活動に取り組む。

 中野市長は、クルーズ船誘致について「清水や御前崎など近くの港と競合せず、連携していく」と述べた。委員会は、市が策定する基本計画に意見を出すため、タワーの建設位置や規模などを検討する。クルーズ船を運航する企業訪問も行う。

 同港でこれまで臨時便などは運航されているが、クルーズ船の寄港実績はない。

静岡新聞社